Introducing Sex Education To Your Child By Age 性教育はなぜ必要?幸せな大人へと導くためのステップ

Published on: April 11, 2020

Sex education: we know it’s important but are not always comfortable with it. Let’s think about why sex education is necessary.

 

By Noriko Andersen / Translated by Fumi Yasui[日本語記事へ]

 

As a “sex-education navigator,” I meet many parents who are worried about sex education for their children.

“My kid asked me how babies are made…”

“My kid is touching their genitals. What should I do?”

“My kid is watching porn on the internet!”

“My kid is a junior-high student — should we start sex education?”

Telling parents how to answer such questions is simple, but it’s not a real solution. The fundamental problem is that parents feel they are not good at sex education. Most parents I meet agree that sex education is important but they don’t fully understand why it is important and necessary.

 

Why is sex education necessary?

So why is sex education necessary? I think the answer goes back to the question, “what is your goal in child-raising?”

Most parents would probably say that their fundamental goal as a parent is to help their child become independent and happy adults.

Becoming an independent adult means having financial and mental independence, so parents give their children educational opportunities and other experiences.

An independent adult also needs to be “sexually independent.” What do I mean by that? It means:

  • Understanding how the human body works
  • Being conscious about protecting your body
  • Respecting other people’s bodies and opinions
  • Recognizing what is comfortable/uncomfortable to your body
  • Being conscious about protecting your sexual health

I consider a person who understands these points as a “sexually independent adult.” And in order to raise our children to become sexually independent adults, we as parents need to be brave and educate our children about sex.

 

Messages by child development stage

There are some messages to convey to your children, by age and stage of development.

Babies

  • “We’re so happy you’re here!” — show your babies that you love them

Preschoolers to school-age children

  • How boys and girls have different body parts
  • What is a good/bad touch
  • Talk about animal mating to introduce human reproduction

Children around 10 years old

  • Changes in the body’s secondary sexual characteristics (i.e., pubic hair, enlarged breasts and widened hips for females, and facial hair and Adam’s apples for males)
  • “No means no. If someone asks you to stop, you stop.”

Junior-high schoolers

  • How to prevent unexpected pregnancy and sexually transmitted infections
  • Sex education at school and society also becomes important

High schoolers

  • What is sexual consent
  • Information children need to protect their own sexual health

The children of most BAMBI News readers are probably still young. For toddlers to younger school children, focus on conveying how much you love them and how important they are to you, to help build your children’s self-esteem. Make them appreciate and respect their own bodies, let them know that they are precious to you.

Sex education is necessary for kids to become independent and happy adults. Don’t avoid talking about it with your children just because you feel uncomfortable; think of it as another one of your responsibilities as parents.

I hope you will be able to talk about human life and sexual issues with your children in a fun and positive way.

 

性教育、「大事だとはわかっているけど、何となく苦手」と感じていませんか?なぜ性教育が必要なのか、一緒に考えてみましょう。

 

文:アンデルセンのりこ

 

性教育ナビゲーターの私のもとには、性教育で悩むママ達からの相談が絶えず届きます。

 

「赤ちゃんはどうやって生まれてくるの?と聞かれたのですが…」

「子供が性器いじりをしています。どうしたらいい?」

「子供がネットでポルノを見ていた!」

「そろそろ中学生なので、性教育した方がいいですか?」

  

こういった質問に回答することは簡単です。でも、対処法的な答えを教えるだけでは、ママ達の本当の悩みが解決することはありません。悩みの根本原因は、性教育への苦手意識なのです。

 ほとんどのママ達は、子供への性教育が大事だと思っています。でも、なぜそれが大事なのか?どうして必要なのか?まで、深く考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。

 

なぜ、性教育は必要なのでしょうか?

質問を変えますね。皆さんの育児の目的・ゴールは何ですか?

 

私が考える育児の究極の目的とは、「その子が一人の大人として自立して幸せに生きていけるよう導くこと」だと考えます。

 一人の大人として自立するには、経済的な自立、精神的な自立が必要です。そのために親は子供に教育の機会を与え、色々な経験を積ませます。それと同様に、「性的に自立した大人」になることも必要です。では、性的な自立とは?

 

―身体の仕組みをきちんと学び理解できる

―自分の身体を守る意識を持っている

―相手の身体や意思を尊重できる

―自分の身体に対する快・不快がわかる

―性の健康を守る意識を持っている

 

これらのことを理解している人が「性的に自立」した大人だと私は考えます。そして自分の「性」も大切にできる「性的に自立した大人」に育てるには、私達大人が恐れずに、子供達に性を伝えていくこと、すなわち性教育が必要となるのです。

ここでは、成長のステージ別に押さえておきたいポイントをお伝えします。

 

赤ちゃん時代〜

「生まれてきてくれてありがとう!」と、その子の誕生を喜び愛していることを伝える。

 

幼児期・学童期〜

男女の身体の違い、プライベートゾーンの概念について徐々に伝える。スキンシップをたっぷりとりながら、よいタッチと悪いタッチの区別ができるようにする。動物の交尾から人間の性行為についても話してあげる。

 

10歳前後〜

二次性徴の身体の変化について伝える。他の人が嫌がることはしない、というメッセージを伝える。

 

中学生以降〜

予期せぬ妊娠や性感染症から身を守る方法を伝える。思春期以降は、親からのメッセージだけではなく、学校や社会からの性教育も重要となる。

 

高校生以降〜

性的合意について教える。性の健康を自分で守れるように情報を与える。

 

BAMBIの読者の皆さんは、きっとまだお子さんの年齢が小さいと思います。乳幼児時期から小学校低学年までは、とにかくあなたのことが大事だよという気持ちを伝えながら、お子さんの自己肯定感を育んであげてくださいね。その上で、あなたが大切だから、あなたも自分で自分の身体を守れるようになろうね、と伝えてあげられるとよいのではないでしょうか。 

性教育は、子供が一人の大人として幸せに自立していくために必要なことです。そう考えると、苦手意識にかられて避けるものでなく、親としての責任を果たすもの、というように感じられませんか。これから、皆さんが是非お子さんと一緒に楽しみながら、いのちと性の話ができるようになると嬉しいです。

 

About the Author

Noriko Anderson is a “navigator of sex education” and birth coordinator. In her “sex education at home” workshops, Noriko teaches about life and sexual issues parents can talk about at home with their children. If the adults change their consciousness, children will change; if children change, the future will change!

性教育ナビゲーター/バースコーディネーター。

「明るく、楽しく、オープンに」性を語ろう!をモットーに、家庭で伝える性教育講座を開催。大人の意識が変われば子どもが変わり、子どもが変われば未来が変わる!そのはじめの一歩として、家庭でできるいのちと性のお話を伝えている。


The views expressed in the articles in this magazine are not necessarily those of BAMBI committee members and we assume no responsibility for them or their effects.

BAMBI News welcomes volunteer contributors to our magazine. Please contact editor@bambiweb.org.

 

Tags: